Currently browsing: 自然

パイレーツ・オブ・カリビアンの世界へ

IMG_3975

新年あけましておめでとうございます!2017年ものんびり写真を投稿していきたいと思いますので、どうかお付き合いいただければ幸いです。 さて、任国エルサルバドルは12月24日~1月2日まで、クリスマスおよび年末年始の長期休暇がありました。 私はその休暇を利用し、お隣の国、ホンジュラスはロアタン島へ行っ...

「となりのトトロ」を連想させる帰り道

DSC_0015

  南国パプアニューギニアにはココナッツやバナナが所狭しと生えています。そんなバナナの葉っぱは急な雨をしのぐにはもってこい!トトロの1シーンを連想させる心和む帰り道となりました。

一期一会と輝く笑顔

地方島からの帰りの船の中。 一人でぼーっと外を眺めていると男の子から声を掛けられた。 Are you a Muslim? What country? What island? What is your name? 恥ずかしそうにしながらも 目をきらきら輝かせながら 勉強した英語で質問してくる様子はと...

ゾウ密度世界ナンバー1と言われるボツワナ北部地域のゾウたち

rs_DSC_4323

ボツワナ北部、チョベ川とオカバンゴ・デルタエリアにはゾウがたくさんいます。保護が手厚いせいか、密猟規制がうまくいってるせいなのか謎ですがとにかくゾウがかなりの数いついています。 動物保護区は一応、二重の大きなフェンスでかこわれているものの、巨大ほ乳類のゾウには意味をなしません。その気になれば、さくっ...

世界遺産オカバンゴ・デルタとモコロ

モコロを漕ぐ村の女性

ボツワナの世界遺産オカバンゴ・デルタと共に生きる人々です。 オカバンゴ・デルタとはアンゴラに降った雨がカラハリ砂漠に流れてきて形成される、世界最大の内陸デルタです。平坦な土地で流れは遅く、アンゴラからボツワナへ水が到達するのに半年かかるので、水位が最も高くなるのが乾季の7月、最も低くなるのが雨季の1...

砂漠の春

_P161858

国土の8割が乾燥した砂漠地帯のヨルダン。 砂漠と言っても砂丘が連なる砂漠とは違い、大半が石や岩がごろごろとしている岩石砂漠です。 冬にはそのような砂漠にも雨が降り、春になると様々な植物が咲き誇ります。

Cerro “Indio Dormido” インディオの眠る丘

写真 2016-02-16 17 06 13

私の任地ソシエダには、インディオが眠るという伝説を持っている丘があります。というのも、丘の形がまるでインディオが横たわっているように見えるからなのですが…。 みなさんは、眠っているインディオ“オコテペケ”に出会えましたか?

サモアの日の出

IMG_5248

サモアは世界で一番最初に日付が変わる国の一つです。 世界の中でも日の出を早く見れる国ということで、少し得した気分になります。というのは住んでいる人の自己満足かもしれませんが。 しかし、本当にきれいな朝日です! 今日もいいことありますように。

朝活ーモルディブスタイルー

DSC03373

  日本で流行っている【朝活】 ここモルディブでも、朝活が行われています。   とある金曜日の朝6時。 ビーチへ行くと、運動スタイルに身を包んだマンマ(お母さん)たちが。 みんなエクササイズをしにビーチへ来ていました。   モルディブの日中は暑いので、朝や夜に活動するこ...

アフリカ最大級の塩湖、マカディカディ・パン

DSC_2692_pa

    パンとはボツワナでは塩湖のことです。バックパッカーに人気の南米のウユニ塩湖は有名で、ボツワナは全然知られていませんが、こちらボツワナにも塩湖はあります。 360度真っ平らの何もない大地、ウユニのように鏡面にはなったりしないですが、周辺に山などなく、360度地平線。乾季には...

月別アーカイブ

全カテゴリー