Currently browsing: 世界遺産

ゾウ密度世界ナンバー1と言われるボツワナ北部地域のゾウたち

rs_DSC_4323

ボツワナ北部、チョベ川とオカバンゴ・デルタエリアにはゾウがたくさんいます。保護が手厚いせいか、密猟規制がうまくいってるせいなのか謎ですがとにかくゾウがかなりの数いついています。 動物保護区は一応、二重の大きなフェンスでかこわれているものの、巨大ほ乳類のゾウには意味をなしません。その気になれば、さくっ...

世界遺産オカバンゴ・デルタとモコロ

モコロを漕ぐ村の女性

ボツワナの世界遺産オカバンゴ・デルタと共に生きる人々です。 オカバンゴ・デルタとはアンゴラに降った雨がカラハリ砂漠に流れてきて形成される、世界最大の内陸デルタです。平坦な土地で流れは遅く、アンゴラからボツワナへ水が到達するのに半年かかるので、水位が最も高くなるのが乾季の7月、最も低くなるのが雨季の1...

南インドの軽井沢!?

IMG_9741

南インドの西ガーツ山脈に連なるニルギリ山中にあるOoty(ウーティ)は、海抜約2300mの場所にあり、南といえど寒い地域です。 当時イギリスの植民地時代に彼らの避暑地として利用され、邸宅や運搬用の交通網が整備されました。 今では、多くのインド人も訪れる人気の観光スポットになっていて、日ごろ、ホコリっ...

ラオスの小さな酒造りの村

バンサンハイ

街全体が世界遺産で有名なラオスのルアンパバン。 ここには酒造りで有名なバンサンハイという村があります。ビール大好きなラオ人でも、ここでは村で造ったお酒を飲む姿をよく見かけました。 おじいさんも仕事終わりの一杯を楽しみに炎天下のなか働いていたのかな。

オルロのカーニバル

130414オルロ12

南米では2,3月になるとカーニバルの時期がやってくる。 国や住む場所によってやることも異なる。 ボリビアのオルロ県で行われているカーニバルは、リオのカーニバルと同じく、南米三大祭りの一つである。 アンデスの先住民の文化・植民地の文化・キリストの文化が混ざり合った様々な踊りを見ることが出来る。 この踊...

世界遺産ポロンナルワ

スリランカにある壮大な遺跡群。林に囲まれていて数多くの石像が異文化を感じさせる。

月別アーカイブ

全カテゴリー