Currently browsing: テーマ

パイレーツ・オブ・カリビアンの世界へ

IMG_3975

新年あけましておめでとうございます!2017年ものんびり写真を投稿していきたいと思いますので、どうかお付き合いいただければ幸いです。 さて、任国エルサルバドルは12月24日~1月2日まで、クリスマスおよび年末年始の長期休暇がありました。 私はその休暇を利用し、お隣の国、ホンジュラスはロアタン島へ行っ...

「となりのトトロ」を連想させる帰り道

DSC_0015

  南国パプアニューギニアにはココナッツやバナナが所狭しと生えています。そんなバナナの葉っぱは急な雨をしのぐにはもってこい!トトロの1シーンを連想させる心和む帰り道となりました。

一期一会と輝く笑顔

地方島からの帰りの船の中。 一人でぼーっと外を眺めていると男の子から声を掛けられた。 Are you a Muslim? What country? What island? What is your name? 恥ずかしそうにしながらも 目をきらきら輝かせながら 勉強した英語で質問してくる様子はと...

救世主国のクリスマス

IMG_2383

  私の任国「エルサルバドル(El Salvador)」は、日本語に訳すと「救世主」。その名のとおり、国民のほとんどが救世主イエスを信仰するキリスト教徒。大都市のショッピングモールなどには、大きなクリスマスツリーやイエスの生誕を表すモニュメントが飾られています。

今日もここから。

IMG_7926

   モルディブの首都Male’から船で20分。ここはMale’の人口密集を防ぐために今もなお埋立てが進められているHulhumale’。地方の島では、一軒家がほとんどですが、この島にはこういった集合住宅が立ち並んでいます。家の前にあるのは、必須交通手段...

環境教育在外研修

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

在外研修とは、各国に共通するテーマを題材に行われる研修です。10月末に、エクアドルで環境教育の在外研修を行いました。テーマは「地域の素材を活かした環境教育手法の発見」です。日本から環境教育の技術顧問を講師に迎え、中南米諸国計8ヶ国のボランティア及びその同僚がエクアドルに集結し、様々な視点から環境教育...

ゾウ密度世界ナンバー1と言われるボツワナ北部地域のゾウたち

rs_DSC_4323

ボツワナ北部、チョベ川とオカバンゴ・デルタエリアにはゾウがたくさんいます。保護が手厚いせいか、密猟規制がうまくいってるせいなのか謎ですがとにかくゾウがかなりの数いついています。 動物保護区は一応、二重の大きなフェンスでかこわれているものの、巨大ほ乳類のゾウには意味をなしません。その気になれば、さくっ...

歩行者優先

細い田舎道で牛の群れと軽トラックが直面!さて、どうする…?   …正解は、 「牛たちが横をすり抜けてくれるまでトラックが待つ」でした!   日本でもエルサルでも歩行者(牛)優先は同じですね。♪

世界遺産オカバンゴ・デルタとモコロ

モコロを漕ぐ村の女性

ボツワナの世界遺産オカバンゴ・デルタと共に生きる人々です。 オカバンゴ・デルタとはアンゴラに降った雨がカラハリ砂漠に流れてきて形成される、世界最大の内陸デルタです。平坦な土地で流れは遅く、アンゴラからボツワナへ水が到達するのに半年かかるので、水位が最も高くなるのが乾季の7月、最も低くなるのが雨季の1...

風とともに

image

父親の火葬を終え、帰路につく大学生の長女。

月別アーカイブ

全カテゴリー