Currently browsing: 中南米

パイレーツ・オブ・カリビアンの世界へ

IMG_3975

新年あけましておめでとうございます!2017年ものんびり写真を投稿していきたいと思いますので、どうかお付き合いいただければ幸いです。 さて、任国エルサルバドルは12月24日~1月2日まで、クリスマスおよび年末年始の長期休暇がありました。 私はその休暇を利用し、お隣の国、ホンジュラスはロアタン島へ行っ...

救世主国のクリスマス

IMG_2383

  私の任国「エルサルバドル(El Salvador)」は、日本語に訳すと「救世主」。その名のとおり、国民のほとんどが救世主イエスを信仰するキリスト教徒。大都市のショッピングモールなどには、大きなクリスマスツリーやイエスの生誕を表すモニュメントが飾られています。

環境教育在外研修

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

在外研修とは、各国に共通するテーマを題材に行われる研修です。10月末に、エクアドルで環境教育の在外研修を行いました。テーマは「地域の素材を活かした環境教育手法の発見」です。日本から環境教育の技術顧問を講師に迎え、中南米諸国計8ヶ国のボランティア及びその同僚がエクアドルに集結し、様々な視点から環境教育...

歩行者優先

細い田舎道で牛の群れと軽トラックが直面!さて、どうする…?   …正解は、 「牛たちが横をすり抜けてくれるまでトラックが待つ」でした!   日本でもエルサルでも歩行者(牛)優先は同じですね。♪

教会と観覧車の共演

写真 2016-03-05 18 15 26

任地ソシエダでは、来週末から9日間にわたるお祭りが開催されます。そのため、簡単に移動できるとても小さな観覧車がソシエダにやってきました。教会と観覧車の共存、まるでテーマパークの中にいるかのような、ちょっと不思議な光景です。 観覧車、乗ってみたいけれど、安全かどうかはちょっと不安…。

Cerro “Indio Dormido” インディオの眠る丘

写真 2016-02-16 17 06 13

私の任地ソシエダには、インディオが眠るという伝説を持っている丘があります。というのも、丘の形がまるでインディオが横たわっているように見えるからなのですが…。 みなさんは、眠っているインディオ“オコテペケ”に出会えましたか?

ワナラグア~伝統ダンス~

ワナラグア

  クリスマスを皮切りに、お正月過ぎの日曜日までダングリガという町のいたるところで見るダンスがある。「ワナラグア」だ。ガリフナ族の伝統舞踊で、ワナラグアとは別名「ジャンクヌ」とも呼ばれる。 白人の圧政者に似せたいでたちで、小刻みにジャンプをする。腰を振るのが中心であるガリフナ族のダンスとは...

「みてみて!ぼく、かっこいい?」

belizean

  「みてみて!ぼく、かっこいい?」 そんな声が聞こえてきそうです。ベリーズの国旗をあちこちに張り付け、自作の自転車でパレードに参加するこの親子。とてもクリエイティブで、見ているだけでこちらも楽しくなってきました!   9月10日、中米の国ベリーズでは St. George...

カルナバル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  キリスト教の国では毎年2月から3月にかけてカーニバル(スペイン語ではカルナバル)が行われています。カルナバルと言えばブラジルのリオ・デ・ジャネイロが有名ですが、エクアドルでももちろん行われています。ぼくの任地はエクアドル国内ではカルナバルで有名な街のうちの1つです!派手に飾られた車を先...

国境なき渡り鳥

DSCN0867

南米屈指の大都会、コロンビアの首都ボゴタには今なお大小多数の湿地が残っています。湿地は生き物たちの揺りかごであり、ボゴタの湿地は北米大陸と南米大陸の間を何千キロも旅する渡り鳥たちの束の間の憩いの場でもあります。しかし、湿地は干拓や埋め立てなどの開発の対象になりやすいため、湿地をすみかとする多くの生き...

月別アーカイブ

全カテゴリー