ボツワナのトラディッショナル・ダンス

ボツワナのトラディショナルダンス これはハボロネの高校生チームの写真です

ボツワナのトラディショナルダンス これはハボロネの高校生チームの写真です

ボツワナでは何かイベント、結婚式から観光イベントやフェスティバルまで様々なイベントで必ずあるのがトラディショナルダンスという演目です。こういったイベント向けに運営されているプロチームのダンサーもいたりします。

足に巻いた鈴のようなものを(カラカラと乾いた音が出る)、足でリズムをとってならしながら踊ります。どにかく足の動きが細かく上半身がほとんど動いてないのが特徴です。

足の動きを基本にしながら、各ダンスチームはそれぞれ特徴のある動きや笛などの小道具、1や2人のソロパートやブレークダンスなど現代風のものを取り込んで盛り上げるような工夫をしており、チームごとに独自の色があります。

 

こちらはモレポロレという首都ハボロネから1時間程度の所にある村の結婚式で踊られていたダンスです。このチームは笛をふいてリズムとるリーダーと、各ダンサーのソロパートが特徴でした。

こちらはモレポロレという首都ハボロネから1時間程度の所にある村の結婚式で踊られていたダンスです。このチームは笛をふいてリズムとるリーダーと、各ダンサーのソロパートが特徴でした。

ロバツェという首都からこちらも1〜2時間程度の町

ロバツェという首都からこちらも1〜2時間程度の町でのダンス。子供もプロチームにいて、子供のソロパートなんてのもあったりあします。


月別アーカイブ

全カテゴリー